大腸内視鏡・胃カメラの専門クリニック

医療法人 桐山クリニック

〒370-0065 群馬県高崎市末広町235-8 (高崎駅から5分)

診療時間
月・木・金 9時から18時
火     9時から13時
土・日   9時から16時
休診日
水曜・祝日

お電話からのご予約・お問い合わせはこちらへ

027-310-1234
Gastroduodenoscopy

経鼻内視鏡(胃カメラ)

本当はつらくない内視鏡検査をすべての方へ – 桐山クリニック(高崎・群馬)

当院の経鼻内視鏡検査は初めての方でも安心して受けていただけます

経鼻胃カメラの前日からの注意点

検査前日

お食事は夜8時までに済ませて下さい。食事量は控えめにしましょう。

お水、お茶、スポーツドリンクは飲んで頂いてもかまいません。

前日の夜に必要な内服薬はいつも通り服用して下さい。

検査当日

お食事は摂らないでお越し下さい。

検査中は胃の中にガスが入るためおなかが張りやすくなります。締め付けの少ない楽な服装で受診してください。

水分は検査の1時間前迄でしたらお水又は白湯でしたら飲んでもかまいません。

降圧剤、抗不整脈藥等のお薬は朝6時までに服用して下さい。糖尿病のお薬は朝は服用しないで下さい。

受付~診察

問診票など必要書類にご記入頂きます。そのため予約時間の30分前にご来院下さい。

健康保険証、お薬手帳や受診券シールをお持ち下さい。バリウム検査の異常のお知らせやピロリ陽性結果などがある方はご持参ください。

経鼻希望の方は受付もしくは医師にお伝え下さい。

受付が終わりましたら順番で診察になります。服用しているお薬又は薬のアレルギー等ありましたら必ずお伝え下さい。

経鼻胃カメラ検査 当日のながれ

まず最初に問診を行います。

症状の有無やアレルギーなどを確認します。症状や診察により経鼻内視鏡検査が問題なく行うことができるか医学的に判断します。

鼻の形態や骨格の異常がある方、抗血小板薬などの血液さらさらのお薬を内服中の方は経鼻内視鏡以外の検査についてお話させていただきます。

問診や医師の診察で検査が可能と判断された場合には、検査の準備を行います。

症状により腹部超音波検査や血液検査、レントゲン検査を先に行うことがあります。看護師が検査の前処置にご案内致します。

 

 

初めに胃の中の泡とり液を内服します。

食道や胃には粘液や泡がかなりついています。検査中に粘膜を見やすくするための大切な処置です。

 

次に鼻の粘膜の血管を収縮させる薬を鼻の中にスプレーします。

このスプレーで鼻腔を広げカメラを通りやすくします。

出血やくしゃみなどを抑える効果があります。

 

次に、経鼻内視鏡用の細くて柔らかい管を使って鼻の中に局所麻酔をしていきます。検査中の鼻の痛みを和らげる大切な処置です。

 

徐々に麻酔が効いてきますので、効果が十分となるように少し時間をおきます。

では準備が整いました。

 

準備が整ったら、検査室の検査用ベッドに左向きに横になっていただきます。

麻酔の効いている鼻腔の方から胃カメラを入れていきます。

検査中も会話ができます。鼻からカメラは入りますが、口は自由です。どうぞリラックスしていてください。

気になることがあればいつでも質問して下さい。

鼻腔から咽頭部、食道、胃、十二指腸と少しずつカメラを進めていきます。

途中、泡とりのお水で胃の中を洗浄します。また胃の粘膜ヒダをよく観察するため、胃をガスで膨らましていきます。そのため途中で胃のあたりが張る感じが出てきます。胃から十二指腸にカメラが入るときはおへそのあたりが押されるような感じがします。

検査中も説明しながら検査を行います。前にあるモニターを一緒にご覧いただき、リアルタイムに自分の胃のなかが確認できます。

モニターを見たりするのが苦手な方は、無理に見なくても大丈夫です。

画面を切り替えますので教えてください。

病変の多い胃や食道、十二指腸をしっかり検査したのちにカメラを抜いていきます。

検査時間は問題がなければ5-6分です。

検査後鼻を強くかむと鼻血が出やすくなります。そっと優しくかむようにしましょう。

出血がある場合には外から軽く押さえて圧迫していきます。検査時のおなかの張りも徐々に良くなっていきます。

検査終了後は3060分程度で食事もできます。

時間の制約が少なく済むことで検査も受けやすくなります。午前中に検査を終わらせて午後には仕事に行くこともできます。1日休みを取らなくとも検査を受けられるため、忙しい中にも予定を立てやすい点がありがたいという患者さんもたくさんいます。

 

体の負担も少なく安心感のある内視鏡検査を受けることができるため、当院には定期的に検査を受けようという方が沢山いらっしゃいます。

経鼻内視鏡はどこでも同じではありません

つらくない経鼻内視鏡を目指しています

検査後にいただいたコメントです
とても気分がすっきりして
検査を受けて良かったと思っています

桐山クリニックでは内視鏡検査を楽に安心して、しかも精度の高い検査を受けてもらえるように取り組んでいます。

胃がんは早期発見できれば根治治療が可能になっています。その胃がんの早期発見には、直接胃の内部を観察できる内視鏡検査がきわめて有用です。

つらくない検査 ⇒ また受けられる ⇒ 定期的な健康管理ができる⇒ 早期発見につながる ⇒ 健康的な生活

つらくない検査であれば定期的な検査も受けることができそのことが健康的な生活につながると考えています。

最もつらくない内視鏡検査は眠っている間に行うことができる鎮静薬による内視鏡検査です。でもどうしても検査後車を運転する必要がある方などのために、少しでもつらくない内視鏡検査として経鼻内視鏡があります。

経鼻内視鏡は、嘔吐反射の原因となる舌根に触れないため「おえっ」となりにくい検査です。しかし内視鏡検査はどこでも同じではありません。鼻腔の通り方や咽頭部の通り方でさらに検査は楽になります。さらにより苦痛のない検査とより病変を発見するために耳鼻科医師と共同で内視鏡診療の取り組みも行ってきました。そのため通常の経鼻内視鏡に比べさらに楽に検査が可能になるような、そして病変をしっかり評価できるようにする工夫をいくつも行っています。

導入した最新の内視鏡機器もただ細いだけではなく、粘膜に負担がかかりにくくするためカメラをやわらかく、かつ確実な操作による高精度の検査ができるようにメーカーに意見を伝えよりよい機器を開発してもらいました。

細いカメラの弱点であった画像の暗さをクリアするため、桐山クリニックの内視鏡には最新の半導体レーザーによる医療用特殊専用光源を用いた内視鏡システムを導入しています。非常に明るく微細な胃がんも発見できるようになるだけでなく、粘膜表層の微細な血管や表面の構造を評価するのに有用なBlue LASER Imaging (BLI)と慢性胃炎の評価など炎症の診断をサポートするLinked Color ImagingLCI)による最新の内視鏡検査が瞬時にできるシステムを導入しています。これらのシステムは自費健診である内視鏡ドックから開始しましたが、現在は全ての検査でそのメリットを享受できる体制を整えています。

検査希望の方は

桐山クリニックでは経鼻内視鏡によるつらくない内視鏡検査を行っております。

食道や胃など気になる症状がある方は、遠慮なくお問い合わせ・ご来院ください。

お電話でのお問合せ

027-310-1234

●電話受付時間水曜・祝日を除く)        

月・木・金曜 9時から18時 
火曜     9時から13時
土・日曜   9時から16時

診療のご相談や予約は

お電話でのご相談は
027-310-1234

メールフォームからはお問合せを24時間受付けています

アクセス・診療時間

住所

群馬県高崎市末広町235-8

診療時間

月・木・金 9時から18時
火     9時から13時
土・日   9時から16時

休診日:水曜・祝日

代表医師紹介

桐山 真典

医学博士

消化器内視鏡専門医・指導医

消化器病専門医ほか・・・